Top >  独立開業 >  リラクゼーションサロン開業

リラクゼーションサロン開業


僕の場合は元々、独立とか脱サラに興味がありました。


会社員時代は色々な職業を経験し
販売、営業、マーケティングなどなど
貴重な経験や学びを得る事ができました。


マッサージを受けるのもするのも好きだったので
リラクゼーションサロンを開業した訳ですが


実際は他の事ができなかったというのもあります。


30過ぎて学歴も高卒で
特に得意分野もありません。


今更、プロ野球選手やサッカー選手になりたいと
思っても手遅れです。


また医者や弁護士とかも難しいでしょうね


退職した時はわずか100万円の貯金で退職しましたので、
喫茶店や居酒屋も無理ですよね


小資金で開業できるだろうという想像で
リラクゼーションサロンを開業しました。

ネットビジネスも考えましたが、
マッサージが好きという事が強かったのと
ネットビジネスはリラクゼーションサロンを開業しても
やろうと思えばやれるだろうという考えはあったので
まずはリラクゼーションサロンを開業しました。

動機は単純です。


開業資金があまりいらない


これだけです。

現在、セラピストをやっている方なら
技術や接客ノウハウがあるので
簡単に自分のお店を持つ事ができますよ

僕は全くの素人からのスタートで
退職してすぐ、タイにマッサージを学びに留学しました。


1ヵ月間、タイでマッサージを学び
その空き時間でお店のホームページを作りました。


帰国してすぐオープンさせました。


オープンしてホームページでしか集客してなかったんですが
電話はそこそこ鳴りました。


男性セラピストという事で、女性セラピストでお願いしますと
断られ続けたので、売上はすぐには上がりませんでしたが
自分がもし女性であればすぐ売上は上がったんです。


予想はしていた事ですが
女性セラピスト希望ばかりでしたね
女性スタッフも募集していたので
女性スタッフが入ってから売上は順調に上がっていきました。


現在、セラピストをされているなら
ぜひ、自分でお店を持ってみる事を検討してみてください。


もちろん全て自分でしなくてはいけないので
大変でもあります。
でもやりがいはあるし、収入も上がります。


現在のリピーターは独立するのでって声をかければ
必ず自分のお店に来店して応援してくれるので
開業後のリスクも減ります。


資金もあまりいりませんよ

 <  前の記事 和佐大輔の無料プレゼント  |  トップページ  |  次の記事 マッサージ ポータルサイト  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク