Top >  独立開業 >  女性セラピストの独立 その2

女性セラピストの独立 その2

独立する時は一人からのスタートで
孤独との戦いになります。


彼女には、独立の際にわからない事があったり
相談したい事があったり、悩みがあったりしたら
相談相手になるよと伝えました。


収入的には全て自分のものになるので
だいぶ上がったみたいですが、
色々悩みもあるらしく、たまに電話がかかってきます。


ホームページの事、消耗品の調達先、など
アドバイスできる事はしてあげます。


何が変わったかというと
お客様の態度との事

お店という盾がなくなったことで、


馴れ馴れしくなったそうです。


新しいお店の電話に予約するわけでもなく
電話をかけてきて世間話をしたり

予約以外でメールしてきたりするようになったとか


食事とか以前も誘われていたけど、
以前よりしつこくなったとか

お客様なので強く注意する事や断る事ができなくてだそうです。


想像はつきましたけど
やっぱりねって感じです。


まだホームページをアップしてないので
新規の場合はどんな人が来るかわからない恐怖がある


これまでは僕が電話受付してたので男性の気配があるだけで
抑止されていた部分はあります


それが女性が受付となるとそういう不安もあるでしょうね


変なお客様ばかりではなく、紳士的なお客様も沢山います
ただ一部の変なお客様がいる事でそういう不安につながります。

男性セラピストは集客面で悩みが多いんですが、
女性セラピストも悩んでるんだなぁと思いました。


でも商売するなら女性セラピストの方が断然やりやすいので
その辺をうまく解消していけば働きやすい環境を作れます。


 <  前の記事 女性セラピストの独立 その1  |  トップページ  |  次の記事 和佐大輔の無料プレゼント  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク