Top >  リラクゼーションサロン運営 >  久々の施術

久々の施術

実は、最近新しいお店をオープンさせまして
僕も現場で仕事する事にしました。


本店の方は、女性スタッフでお願いしますと言われるので、
男性セラピストはいないようにしています。


実際に本店をオープンさせた時は男性スタッフとして
スタッフ紹介に自分の名前を入れていました。


でも結果は予想していた通り、
女性セラピストでお願いしますといわれ、
男性セラピストならすぐ行けますよって言っても
女性じゃないなら結構ですって断られる始末


最初の最初は僕しかいなかったので、
電話がある度、断られ続け、心が折れた経験があります。


なので女性スタッフが入ってきて、数人育ってから
僕の名前を消しました。


最初から女性が行きますというお店にしてしまったんです。
その方が、お客様も喜ぶからです。

で、僕はオーナー業に専念して、女性スタッフのサポートに回りました。

電話対応、集客、ルームの掃除、タオルや着替え等の洗濯
オイルの仕入れ、送迎ドライバー等です。

でも自分で施術したくて、この業界に入ってお店をオープンさせたので
毎日が何か物足りなさがありました。


スタッフに技術を教えたり、教育したりと
仕事は色々ありましたが、
実際にお客様と接して、施術したいという気持ちがありました。


かと言って男性セラピストという事で断られるから
やりたくてもできないというのが現状です。

そこで、最初から男性セラピストのお店ですという事で
新たにオープンさせました。


そうする事で、男性セラピストに受けたいというお客様しか
ホームページを見ないだろうし、見たとしても電話はかけないから
電話で断られる事はありません。


電話がかかってきたという事は、男性セラピストに受けたいという方なので
断られる心配もなく、堂々と施術に行けるからです。


もちろん電話はかなり少ないだろうと予想できますが、
それでもゼロじゃないという確信があります。


男性セラピストのお店だけだと運営していく事は厳しいだろうし
無理だと思いますが、本店があるので、出来る事です。


こつこつリピーターを増やしながら、
本店の売り上げに頼らず運営できるようになれば、
もっと本店で働くスタッフの給料も上げられるし、
僕もスタッフに依存しなくても安定するので、
そうなるように頑張っていきたいと考えてます。

ホームページをアップして9日目にしてお客様から依頼があり
施術してきました。

正直、久々だったので緊張するかと思いましたが、
楽しく仕事できました。


いやぁやっぱ施術するのは楽しいなぁというのが久々の感想ですね


施術するのが元々好きなんでしょうね

オーナー業をやってると
間接的にお客様から気持ちよかったって言われる場合がありますが
それはそれで嬉しいんですが、

やはり直接言われるとまた違いますね

もっと集客を頑張って、自分で施術していきたいと本気で思いました。

これが新しいサロンです。


福岡・博多 男性セラピストによる女性専用癒しサロン


 <  前の記事 マンションの一室でリラクゼーションサロン開業  |  トップページ  |  次の記事 女性セラピストの独立 その1  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク