Top >  リラクゼーションサロン運営 >  個室ルームを無駄に飾らない

個室ルームを無駄に飾らない

リラクゼーションサロンを開業するのに
自宅サロンであれば自宅の一室をお客様の施術するルームにしたり
新たに自宅とは別に部屋を借りて個室ルームにしたりするでしょう。

出張マッサージ専門であればこの個室ルームは作る必要がないので、
その分の経費はいりません。


開業する時に資金が少なければ、まずは出張専門で始めてといいと思います。


個室ルームがあれば、自宅に呼びたくない、もしくは呼べないとか
仕事中の空き時間にマッサージを受けたいといったお客様を取り込む事ができます。

家賃や光熱費などの維持費を払っても、
それ以上にお客様が来ればペイできますので、
部屋を借りる初期費用があれば用意するに越した事がありません。


自分のお店を持ったという自覚も芽生えます。

自宅に部屋が余ってて自宅サロンにする場合は、
すでにあるので、初期費用は「かかりません。


後は、いかに生活感を消すかを心掛ければすぐに開業できます。


施術するルームは色々こだわって、飾りや置物などを
したくなるでしょうけど、それを買い揃えると結構な出費になりますので、
必要最低限の物だけ用意すればいいと思います。


必要最低限というのは、マットやベッドとか枕とかです。


アジアンチックに飾って雰囲気を出したりというのもいいですが、
今はやりの断捨離を参考に、物が何もない空間を演出するのも、
逆に非現実的で心地よい空間が生まれます。


そうすれば、無駄な出費を抑える事もできますので、
有効だと思います。


僕が思うには、空気清浄器と間接照明があれば、
かなりシンプルで無駄な物が無い分、空間も広く使えて
癒し空間を演出できると思います。


お金があれば色々飾ってみるのもいいでしょうけど、
ほんと何もない空間も逆に素敵なお店として演出できると思います。

必要最低限の物以外置かない空間・・・
どうでしょうか??

 <  前の記事 Googleプレイス  |  トップページ  |  次の記事 ビジネスホテルと契約  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク