Top >  リラクゼーションサロン運営 >  電話対応の重要性

電話対応の重要性

今日は携帯の機種変更をする為に
某携帯ショップにいきました。


現在、ドコモとアイフォンを所有していまして
アイフォンのアプリとか結局使わなかったので、
普通の携帯に変えようと思いました。


ソフトバンクはソフトバンクを使っている友達の為に
持っているようなもんです。
やはりただともは魅力ですからね


いざ某ショップ(すでにわかるでしょうけど)
に行ったら、店員さんの対応がものすごく悪かったので、
機種変更せず帰ってきました。


また明日、違うショップで機種変更するつもりです。


で、サロンの受付は予約制のところが多いので
電話受付が主になると思います。

その電話の対応が悪いと、お客様は他に逃げてしまいます。


僕もついお客様の対応が悪いと、同じように横柄まではいかないまでも
それなりの対応になってしまいます。
もちろんうちのお店には来てもらわなくても結構ですというような対応を
するので、来店されません。


この一人の対応が1人の問題ではなく無数に広がる場合もあります。
もちろんお客様も悪いのですが、そこはぐっと我慢して
大人の対応をしないといけないでしょうね


でないとあそこのお店は電話対応が悪いと口コミで広がったら
電話対応で評判を落としてしまいます。


横柄な対応をしないまでも、もごもごしたり
はっきりしなかったり、簡潔にメニューや場所、料金の説明ができないと
お客様は逃げてしまいます。


僕の場合は電話であれこれ説明して、
よくわからないから考えて電話しますと言われるぐらいなら、
あまり説明せずとりあえず来店してもらって説明しますと伝えて
とりあえず予約を受けるようにしています。


そうすると予約前の段階で逃げられる事は無くなりました。


来店さえしてもらったら、そこで説明を聞いて、
やっぱりやめておきますとはなりません。


納得いくように説明を聞かれますし、必ず何かしら選択されます。

オープン当初は聞かれたら、あーでこーでと1から10まで説明していました。
そう詳しく説明する事が良いと思ったからです。


でもあまり電話口で説明しても伝わらないし、
お客様も伝わらなければ面倒になってやっぱいいやってなるみたいです。


なので電話口では予約を取って来店させる事に専念した
電話対応を心掛けています。

お客さまがコースやメニューで迷っていたら、あれこれ説明せず
来店されてから説明しますので、来店されてから決められてもいいですよ
という感じでとにかく来店させる事を目的に電話対応しています。


聞かれた事は簡潔に答えますけど、必要以上に喋らないようにしています。


それで電話の段階でやっぱりいいやってお客様はいなくなりました。


 <  前の記事 チラシ・ポスティングとホームページの集客の違い  |  トップページ  |  次の記事 Googleプレイス  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク