Top >  リラクゼーションサロン運営 >  同業他店に行ってみよう

同業他店に行ってみよう

リラクゼーションサロンといっても色々なお店があります。

指圧とか整体、タイ古式マッサージ、スポーツマッサージ、
カイロプラクティック、足裏マッサージ、リフレクソロジー、
台湾式マッサージやら韓国エステ

オイルマッサージ、ロミロミ、バリ式、リンパドレナージュ
フェイシャル、ヘッドマッサージ、アーユルヴェーダ

などなど

ぱっと思いつくものを書いてみましたけど
まだまだあるでしょう。

自分のお店のメインメニューもこの中にあると思いますが、

他のお店ではどんなメニューが人気なのか
料金はいくらか
接客どんな感じなのか

つい商売柄、癒されるどころかリサーチしてしまうでしょうけど、
他のお店の情報も知らないより知っていた方がいいですからね


新しい発見もありますし、施術にしても
技術を盗んでもいいと思いますし、その他でもいいものは真似して
取り入れればいいんです。

メニューを増やす場合もこの施術法は良かったとかも
わかるし、ひとつ看板のメニューがあって、
あとは単価アップの為に、メニューの種類を増やした方がいいです。

うちはタイ古式マッサージがメインですが、
オイルマッサージやリンパドレナージュもやっていますし、
セットで頼まれるお客様も結構います。

中には、足つぼできますか?
とかヘッドマッサージできますか?

みたいに言われますので、
その時にできなければ、その分の売上を逃すことになります。

バリ式かロミロミかの違いではあまり関係ないかも知れませんが、
タイ古式とフットリフレクソロジーみたいな違いだと
できるのとできないのでは当然、売り上げに響きます。

たとえが分かりにくかったですか?


あれもできるこれもできると全てを同じように宣伝したらぼやけるけど、
メインのメニューがきっちりあって、それを軸に
他のメニューも多ければ多い方がお客様の需要に応える事ができるので、
徐々に増やす努力はした方がいいでしょうね

うちはこれ一本でっていうやり方もありますけど、
僕は多いに越した事はないと思っています。


日頃の疲れを取る目的と、ついでに偵察を兼ねて
ライバル店には色々学ぶべきものがありますので、
行ってみる事をおすすめします。


ここで迷うとこですが、最初に同業ですっていうか、
終わって同業ですっていうか、全く言わないか

自分が施術する場合は、同業の方が来た場合に、最初に言われると
緊張してしまうので、最初に言われない方がいいんです。

でも自分が他店に行く場合は、施術中の会話の中で打ち明けてます。

人によって様々だと思いますが、どれが正解というのは無いでしょうからね

黙ってきている人も中にはいると思いますよ
この人同業っぽいみたいな人いますもん

他店の売り上げに貢献しても、得るものも沢山あるので、
利用していいところを吸収してください。

 <  前の記事 個人サロンの経費  |  トップページ  |  次の記事 自宅サロンで開業  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク