Top >  個人サロンの経理 >  個人サロンの経費

個人サロンの経費

個人サロンの経費という事でお話していきます。

うちのお店の場合ですが、

人件費は約5割セラピストに支払っています。
業務委託という形をとっているので、
施術した分からその日の内に支払っています。

自分で施術できればお客様からもらう料金がそのままお店の収入になります。

個人サロンで人を雇ったりしなければ、
人件費という概念ではなく、自分の生活費という事になります。

うちのセラピストは月に70万ぐらいの売上をあげているので、
自分1人でやっても十分な収入になります。

僕は男性なので、女性だったら良かったと思います。

やはり女性セラピスト希望のお客様が多いからです。

前は自分でも施術してましたが、最近はオーナー業に専念しているので、
全てスタッフに施術は任せています。

その方がスタッフの収入が増えるので喜ばれます。

その月によって浮き沈みはありますが、女性なら普通にやっていけるのではないかな
と思います。


人件費で話が長くなってしまいました。


その他は
家賃
駐車場代
光熱費
電話代
インターネット等の通信費

ガソリン

上記は毎月必ず発生する経費です。

仮に出張専門の個人サロンであれば、
家賃
駐車場代
光熱費が無くなります。


あとは場合によって発生する経費ですが、

消耗品
タオル類、ボディシャンプー、洗剤、マッサージオイル、紙パンツ、芳香剤など

事務用品
コピー用紙、領収書、ファイル、プリンターインクなど

広告費
ネット広告、フリーペーパー、新聞、ポスティングチラシなど

金額にしていくと

家賃・駐車場代 80,000円
光熱費 多く見積もっても 15,000円
固定電話代 5,000円
携帯電話代 10,000円
インターネット 5,000円
ガソリン 10,000円
消耗品・事務用品 10,000円
車ローン 20,000円
車保険 5,000円

全部で160,000円ぐらい

60万の売上だとすると
人件費30万とその他経費の16万で46万

60万-46万=14万

これがお店の収入です。

60万ぐらいの売上だと、自分の生活費で14万ぐらい使うのでトントンって感じですかね

これが自分で施術するのであれば、人件費がいらないので、十分な利益となります。

そういえば広告費はうちの場合ゼロなので、広告費は計算に入れていません。

 <  前の記事 個人サロンの帳簿  |  トップページ  |  次の記事 同業他店に行ってみよう  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク