Top >  個人サロンの経理 >  個人サロンの帳簿

個人サロンの帳簿

全くの素人から個人サロンを開業しましたので、
最初はする事が沢山ありました。

全て自分でやらないといけないので、
何かと大変でしたね。

個人サロンの帳簿はというと、最初の1年目は、
右も左もわからなかったので、毎日つけていませんでした。

毎日つけていたのは、帳簿とは関係ない

問合せの数だったり、売上だったり、
委託支払がいくらで、お店の収入がいくらみたいなお店の日報です。

経理も必要とはわかっていましたが、要領もわからず
営業しながら空いた時間に本で勉強してました。


その時の本がこれです。

塚田祐子 著者の
フリーランスの為の青色申告

とても読みやすく、わかりやすく説明されていて
全くの経理初心者でも理解できます。


会計ソフトが付属でついていますので、

高額な会計ソフトを買わなくても、十分確定申告ができます。


僕がこれを読んで付属の会計ソフトで無事に青色申告ができたので、
みんなできると思います。


僕の場合、ほぼ手つかずで、
確定申告1ヵ月前ぐらいまでいきまして、これはやばい溜めすぎた
ほんと焦ってバタバタ1年分やりましたので、かなり大変でした。

これから商売はじめる方は、絶対溜めないほうがいいです。

やり方がわからなくて進まないっていう気持ちは十分わかります。

でも溜めると余計わからなくなりし、毎日とかちょっとずつやってるのと比べて
数倍大変です。


とりあえず簿記とか経理がわからなくてもこれだけはやってたら
後が楽って事を書いておきます。


まず、開業費をエクセルでいいんでリストアップする。
何を、どこで、いくらだったかと購入日ぐらいかな
領収書やレシートは開業費でまとめておく。

次に現金出納帳を毎日つける。
日付、売上、支払ぐらいかな、できれば勘定科目もあったほうがいいかな
領収書やレシートもまとめておく
できれば日付順に、いらないコピー用紙の裏にノリで貼りつける。

現金出納帳は毎日つけた方がいいですよ
どうせいるみたいだし

とりあえずこれだけです。


簿記とかわかるなら仕訳帳も合わせて記入した方がいいんですが、
現金出納帳をつけていれば、それを見ながら仕訳帳は後でまとめてでも
できるのはできます。

会計ソフトを使えば、仕訳帳を入力すれば、
確定申告に必要な書類を勝手に作成してくれますので、
知識は無いよりあった方がいいでしょうけど、
わからなくてもできます。

ちなみに、個人事業の経理は確定申告のためにするんじゃ無いという事を
付け加えておきます。

営業利益はいくらか
ちゃんと儲かっているか
無駄な経費は無いか

みたいなお店の経営を把握する為に必要なので、
ホントは確定申告前にバタバタっていう事はありえないんです(汗)


今は要領もわかって毎日きっちりやってますよ。

 <  前の記事 開業後、間もない失敗談  |  トップページ  |  次の記事 個人サロンの経費  > 

         


このページについて

このページは「個人サロン開業・運営 集客を制して成功しよう。」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

RSSリーダー
スポンサードリンク
更新履歴
リンク